本太郎伝説 ある所に金太郎という家族が、
住んでいました。
質素ですが何不自由なく暮らしていました。
しかし、代々伝わる古本で家中が一杯で、
暑い日も、寒い日も冷暖房で大切に
保管されていましたから、電気代が大変で
狭くて家族は粗末な納屋で暮らしていました。
ある日息子は、大切な古本ですが売ることにしました。
どこに売るかが大変です。なんせ、5代前からの
大切で、貴重な古本ばかりでしたから。
インターネットで調べても悩むばかりです。
それから1週間、睡眠不足で悩み続けました。
高価買取り・早い・簡単の言葉に魅かれ、
足柄山の日本オンラインブックの本太郎に
電話を掛けてみることにしました。
間もなく、本太郎はクマに跨りやってきました。
本太郎は古本専門の査定士ですから、
黙ってじっと見つめているとポンと手を鳴らすと、
高額で買取ってくれました。
なんせ貴重な古本ばかりでしたから。
金太郎は涙がでるくらい喜びました。
その後、家族は納屋から家に戻り、
末永く幸せに暮らしました。
一方、本太郎は沢山の古本を担いで足柄山に帰ると、
金太郎の大切な古本を、
森の動物たちにお手頃な価格でゆずりました。
知識不足で生活に悩んでいた動物たちは
大喜びで古本を読みました。
数年が経ちました。
森の動物たちは、古本のおかげで賢くなり、
森は栄えて平和で誰もが豊かになりました。
本太郎は、いろいろな人から相談を受け、
今日も古本を買取り、必要としている人々に
本を提供します。
世界中の人々が幸せになりますようにと願って、
日本中を斧を担いでクマに跨り走っています。
つづく・・・


古本買取TOP >買取の流れ >高価買取のポイント >出張買取について >高価買取ができる理由 >よくある質問 >本太郎のものがたり