ブログ

ブログ | 古本買取なら日本オンラインブック
TOP > ブログ

IMF 消費税15%まで上がる?

こんにちは、日本オンラインブックの本太郎です。

 

今回は消費税についてです。

 

今年の4月に消費税が5%から8%へと上がりました。

 

しかし、消費税アップはこれで終わりではなく来年の10月には消費税率が10%まではほぼ確実に上がるだろうと言われています。

 

更には国際通貨基金で日本の経済政策を調べた結果、財政再建のためには最低でも消費税率を15%まで上げるように求めているとのことです。

 

今回の8%は序章に過ぎなかったみたいですね。

 

消費税アップに伴い、国民の財布の紐が一気に堅くなりダメージを受けた業種も多いと思います。

 

しかし、中には思ったほど影響がなかったという業種もあります。

 

その一つが「飲食店」です。

 

小売業などでは売れ行きが増税後にピッタリやんでしまったといった中で「飲食店」は人間の生きていくために最低限必要な三大欲求の一つ「食べる」という部分で必要不可欠な業種のため、多少値段が高くなろうと増税の影響がないとのことでした。

 

ただし、

 

 

上記で例に上げた「小売業」ですが、同じ小売業でも影響を受けていない業種、、

 

というより、お客様が逆に喜んでくださる「サービス」があります。

 

それは個人間の取引や「古本」や「中古商品」などを取り扱っているショップです。

 

なぜ喜ばれるかというと、古本や中古商品にはそもそも消費税が含まれない(一部例外を除く)からです。

 

これなら、増税も気にせずに安くていいものが買えますね♪

 

これからますます中古商品を求められる時代が来るかもしれません。

 

★日本オンラインブックでは中古商品を高価買取りしております★
↓    ↓
日本オンラインブック買取申込